-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-31 04:08 | カテゴリ:料理(トルコ)
先日のトルコ料理教室では
トルコの代表的な食べ物「マントゥ」を習いました。
マントゥとはトルコ式水餃子です。

まずソースを作ります。
ソースは
ヨーグルトににんにくのすりおろしを混ぜたヨーグルトソースと
フォードプロセッサーにかけたトマトをオリーブオイル(冬のトマトは色が悪くて味もいまいちなので、その場合はサルチャというトマトペーストも加える)で煮たソースの二種類です。
マントゥ15

ソースを作ったら、今度はマントゥの具を作ります。
牛挽肉に、玉ねぎのすりおろしと、塩コショウと、お好みで辛くない赤ペッパーを加えてこねます。

マントゥの生地は
小麦粉と卵と塩に、少しずつ水を加えながらこねていてき、耳たぶくらいの硬さになるまでこねます。
こねた後は、こぶし大くらいの大きさに分けて丸めておきます。
それを、めん棒でなるべく薄く伸ばし、コップなどで丸く型抜きをします。
マントゥ14
マントゥ13
マントゥ12
マントゥ11
マントゥ10


生地が乾燥すると包みにくくなるので、
丸い塊1個分を型抜きしたら、その分だけをまず包みます。

こんな感じに。
小さな帽子みたいで可愛い
他の生地は、伸ばすまでに乾燥してしまわないように濡れた布巾をかぶせておきます。
マントゥ9
小さな帽子がいっぱい出来ました~。
可愛いですよね!?

マントゥは、家によって包み方の種類が色々あるようです。
例えば、生地を小さな四角に切って、こんなふうに具を包んでみたり。
マントゥ8
マントゥ7


包み終わったら、お湯で15分くらい茹でます。

茹で終わったマントゥに、ヨーグルトソースとトマトソース、そしてお好みで乾燥ミントと赤とうがらしと、スマックというちょっと酸味のあるスパイスをふりかけて食べます。
マントゥ2


今まで、スーパーとかで売っているマントゥを買って家で調理して食べたことはあったけど、
生地から手作りしたマントゥは、それとは比べ物にならないくらい美味しい~!
生地がモッチモチ具が沢山入っているから肉汁がジューシー

今度子供たちと一緒にマントゥを家で作ってみよう!

そして、試食ターイム!
マントゥの他にも先生が手作りしてくださった
ブロッコリーのサラダ(茹でたブロッコリーにオリーブオイルとレモンをかけたシンプルなサラダ)と、
マントゥ3

Kuru Bakla Faba(クルヴァクラファワ)という乾燥空豆のピュレもいただきました。
マントゥ5

このクルバクラファワ、すごく美味しい!
乾燥空豆というのは、こんな感じ。
マントゥ16

「へ~、そんなものが売っているんだ!」と知らなかった私はびっくり。トルコのスーパーではどこにでも売っているそうです。

とても美味しかったので、次回の料理教室で作り方を詳しく教えていただくことにしました。

今日も、美味しい料理と楽しいお喋りが出来て幸せな時間でした

余談ですが、
先生のお家で飼っているオウムは、私たちがチャイを飲んでいると、チャイを欲しがります。
なので、いつも先生がスプーンにチャイをすくって飲ませてます。
すごい!トルコではオウムもチャイが好き!?(笑)
マントゥ1

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。