-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-30 21:57 | カテゴリ:料理(日本)
毎年、梅ジュースは私の祖母が作ってくれていましたが、好評すぎて、あっという間に消費してしまうので、今年は我が家でも作ることにしました。

やっぱり、夏の飲み物は梅ジュースですもんね❤

祖母が作ってくれる梅ジュースは、実家の庭にある梅の木の実ですが、私は紀州の青梅をネットで注文しました。
梅じゅーすで1

作り方は祖母から伝授されました。
梅ジュース作りで一番大切なことは、わずかな水分も入れないこと!なのだそうです。ちょっとでも水分が入っているとそれが黴の原因になり、梅の香りが台無しになってしまう可能性があるからです。梅農家のかたからアドバイスをいただいたのですが、農薬を使っていない梅ならば、洗わずに、ホワイトリカーをキッチンペーパーなどにつけてよーくふき取るだけでOKなのだそう。灰汁抜きのために水に漬ける必要もないそうです。容器は洗った後はよく乾かし、梅ジュースを作る時に再度ホワイトリカーで瓶をアルコール殺菌すればOK。

香慧もお手伝いしてくれて、梅のヘタ(ホシ)を、楊枝でとても上手に取り除いてくれました。
梅ジュースで3
うめじゅーすで2


梅3kg分の梅ジュース作りが無事に終了。だいたい2週間くらいで飲めます。楽しみ❤美味しく出来ますように。
梅じゅーすで4


夏は、祖母が作った梅ジュース、そして、梅干し。
庭に干してある梅を、何個もつまみ食いしたり。
鎌倉の野菜市場で葉唐辛子を山ほど買ってきて家族全員で指先を真っ黒にしながら葉と実を茎からむしり、それで佃煮を作ったり。
他にも、春はつくしを採ってきて、これまた指を真っ黒にしながらハカマを取り除き、つくしの佃煮。
冬は、自家製のキムチ作り。
我が家には、季節ごとに、家族の思い出と共に、「味」があります。
大人になってから、それがものすごく幸せなことだと気付きました。
だから、私も子供たちに「味の思い出」を沢山作ってあげようと、決めました。
いつか、香凛と香慧が私の孫を産んでくれた時、その孫が「夏はやっぱりおばあちゃんの梅ジュースだね!」とか言われるようなおばあちゃんになりたいな。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。