-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-12 21:07 | カテゴリ:日々のこと(日本)
先日、母の引っ越しが無事に終わりました。

大変な作業でしたが、それでも、この家を丸ごと気に入ってくださった方との良いご縁があり、家具やほとんどのものを処分する必要がなく、そのまま残すことが出来たので、想像していたよりはずっと楽な引っ越しでした。

引っ越し後、家族で集まり、家との記念撮影をしました。
皆で近くで食事をしてから家へ。
家までの急な坂道にも、幼いころからの沢山の思い出が。
子供の頃は余裕で坂下から家まで駆けあがれたのに、今は3度ほど途中休憩を挟まないと登れないwww
木々に囲まれたこの道を、毎日季節を感じながら歩きました。サンダーやジャックの散歩道でもありました。虫取りも沢蟹とりもしました。本当に、沢山の思い出があります。
家族のいる風景2

今、このブログを更新しながらも、涙がとまらないほど、鎌倉の家は、私たち家族にとって大切な場所でした。
生まれ育った家です。
東京で一人暮らしをはじめたときも、結婚して家を出たときも、ここに来れば家が、家族が迎えてくれるから、安心できた。
私にとって、どこよりもホッとできて温かい気持ちになれる場所でした。
家が、大好きでした。
学校から帰ると、いつも母がおかえりと出迎えてくれて、台所からは夕飯の良い匂いがして、夕方になると父と一緒にサンダーとジャックの散歩に出かけ、一緒にご飯を食べて話してテレビを見て笑って。
温かな、温かな、場所でした。
家族のいる風景4
家族のいる風景5
家族のいる風景6
家族のいる風景23
家族のいる風景7
家族のいる風景8
家族のいる風景9
家族のいる風景10
家族のいる風景11
家族のいる風景12

皆で家の写真をいっぱい撮影しました。
「お正月には、囲炉裏でジジとおもちを焼いたね」とか話しながら。
家族のいる風景19
家族のいる風景17
家族のいる風景16
家族のいる風景18
家族のいる風景15

香慧は今回初めて、地下室を発見www
びっくりしながら探検していました。
家族のいる風景13
家族のいる風景14


この家がもうすぐ私たちの家ではなくなってしまうことは悲しいけれど・・・
でも、思い出が多ければ多いほど、この家に父が居ないことが、祖父が居ないことが、辛くもあるのです。
あまりにも幸せな思い出が多すぎて。
この家に、母が一人で住むことを想像するのは、私たちにとっては辛すぎて悲しすぎることでした。

だから、幸せな思い出が悲しくなる前に、幸せなままにこの家とお別れすることにしました。
私たち家族の心の中で、この家は永遠に朽ちることなく、幸せなまま残します。

父が居て、
祖父が居て
サンダーやジャックが居たあのころのままに。
家族のいる風景25
家族のいる風景24
家族のいる風景22
家族のいる風景21
家族のいる風景20


ありがとう。
ありがとう。
私たち家族の大好きな家。
家族が居た家。
家族の居た風景。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

元気ママロゴ ピンク×白 234×60

秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/1342-0c716e4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。