-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-20 22:36 | カテゴリ:育児(日本)
香凛、プログラミングを始めました。

始めた理由は、色々あります。が、香凛自身がプログラミングに興味を持ち、「やってみたい」と言ったことから始まりました。
近所の工業大学祭にて学生が作ったゲームをやらせてもらい、そこで、香凛がゲーム作りにとても興味を持ったために、学祭のお兄さんが、実際に少しプログラミングを教えてくれたのです。それがとても楽しかったみたいで、「やりたい!」と言い出しました。その時はまだ2年生。それから実際に始めるまでは1年もかかってしまいました。
その間、子供のプログラミング教室に通香凛を連れて見学に行ってみたり、自分でプログラミングについて色々調べたりしました。家の近くにたまたま子供のプログラミングの教室はあったのですが、テキスト通りに構築していくやり方で、私が望んでいたものとはちょっと違うな、と、感じました。何よりも月謝がものすごく高い(汗)

香凛にPCをやらせることに関して、旦那様とも沢山話し合いました。
旦那様は、最初は反対していました。理由は色々あります。PCをやらせるということは情報を与えるということです。もちろんやるべき規制はかけますが、それでも親がどこまで管理が出来るのかがわかりません。何よりもプログラミングは、私も旦那様もそれほど詳しくありません。親がよく理解していないものをはたして子供にやらせても良いものか。ネットを自在に操れるようになれば、出来ることもまた無限に広がります。ハッキングなど、「ネットの上でやって良いことと悪いこと」のルールもはっきりと定めるのは難しいです。
確かに、旦那様の言う通り、私もそれには不安がありました。
でも、やはりこれからの時代、パソコンの技能は必須です。それに・・・
このブログでも再三書きましたが、私の子育ての最終目標は「自分で想像し、創造出来る子供に育てる」です。自分で物を考えて、それを表現し形に出来る人が、結局将来どんな仕事に就くとしても一番強い。どんな学校に入るとか学校のお勉強とか、そんなのにはあまり興味がなく、「どんな大人になってほしいか」を常に考えて育児をする。その点に関しては、私と旦那様は一致します。
私が旦那様に説得した内容は・・・
たしかに、ネットをやることに不安はある。でも、ネットをやることによって、香凛の世界は確実に広がる。香凛が頭の中で考えていること、想像していること、それを表現する手段は各段に増える。情報を無限に与えるのは怖いけど、でも、例えば井戸の中にいる蛙は「海」というものを知らないから海を想像できないのと同じで、情報がまったくないものを、人は想像することすら出来ない。醤油と味噌とみりんの調味料しかしらない料理人は、世界の調味料やスパイスを熟知している料理人と同じ料理は作れない。PCは、香凛にとって「調味料」になればいい。勉強だって「調味料」。香凛がより大きな世界を想像し、それを創造するための材料なのです。私は絵が大好きな子供にたった10本のクレヨンしか与えない親にはなりたくない。絵が好きな子供には何百色何万色の色を教えてあげたい。私が香凛にPCをやらせたい理由はそれだと、一生懸命説得しました。
結果、旦那様も、「じゃあ、とりあえずやらせてみよう。」と言ってくれました。
普段の「育児」に関してはほぼ私がやっていますが、子供の教育に関することや、「育児」の根っこに関わることに関しては、夫婦でじっくり話し合うことにしています。旦那様は、とても頭が良いのですが、頭が良い人ほど、考え方がシンプルです。私があれこれと細かく悩んでいることを、いつも道筋をはっきりさせてくれます。そういうところがとてもありがたい。旦那様のOKをもらい、私も自信を持って前に進むことにしました。
そうと決まったら、まずは「先生」探しです。プログラミングは香凛の考える力を養うためのもの、考えを「構築」する力をつけるためのものなので、「みんなと一緒にテキスト見ながら」っていうことはしたくなかった。だから、自分で先生を探しました。工業系の大学に出向いて学生に声をかけたり、学生課に頼んで家庭教師募集のポスターを張らせてもらったり、プログラマーのプロの方にネットを通して連絡して何度かやり取りさせていただいたりして、やっと先生を見つけました。 月に1回か2回、自宅にてプログラミングの基礎を教えていただきます。先日第一回目の授業(?)がありました。
1年越しの夢が叶い(?)、やる気満々の香凛。スクラッチというプログラミングをあっという間に理解し、すぐに自分で簡単なゲームを作れるようになりました。「こんなゲームが作りたい。でも、どうやって構築したら私が考えている動きをしてくれるんだろう?」と、一つ一つPCを操作しながら学んでいっています。お友達に自作のゲームを披露したりして、とても楽しそう。その様子を見た旦那様は、今月の香凛の誕生日プレゼントに、香凛専用のPCをプレゼント❤ すごーい!香凛、大喜びです!
プログラミングを

プログラミングをやらせてから、もう一つ変わったこと。
香凛が、妖怪ウォッチのDSをやらなくなりました。
我が家はその日のやるべき勉強をやったら基本的にあとは何をしても自由なので、夜寝るまでの時間、ずーっとDSをいじっていても、文句は言えませんでした。でも、正直私はその時間がとてももったいないと思っていたし、嫌いでした。
でも、プログラミングをはじめてから、ゲームの時間はぐっと減りました。そりゃそうだ。既成のゲームをやるよりも自分で作るほうが楽しいにきまってる!!
プログラミングを2

あとは、私が香凛の様子をよく見て、旦那様が危惧していたようなことにならないように気を付けないと。
まずは私がネットを少し勉強しないとダメかな?頑張ろう。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

元気ママロゴ ピンク×白 234×60

秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/1358-9f4ffcce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。