-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-18 14:14 | カテゴリ:旅行(海外)
8月頭に、家族旅行でオーストラリアのケアンズへ。

1日目の午後便で出発。
バスで成田空港まで。香慧が小学生になってからのはじめての海外旅行。「二人とも小学生になったし、やっと海外旅行も楽に行けるようになるよね」と、期待を込めて旦那と話していた矢先、香慧が空港へ行くバスの中で車酔いで嘔吐(号泣) まだ空港まで40分もあるっていうのに、服が上から下まで汚物まみれ(号泣)旦那は他人のふりするし(怒)
でも、保育園で働き始めてから、嘔吐物の処理がめちゃくちゃ上達した私www 小さい子ってよく嘔吐するからね。神業で処理して持っていたウェットティッシュで床も綺麗に掃除し、バスの中で服を脱がせて持っていた私の上着を着せて、空港についてから着替えさせて事なきを得ました。小学生になっても全然楽じゃない・・・。飛行機に乗る前からぐったりの私。
オーストラリア1日目

そんな悲惨な旅行の幕開けでしたが、なんとか飛行機の中は無事に嘔吐することもなく、ケアンズ空港に着きました。
香慧もすっかり元気です。
オーストラリア1日目2

着いた時にはもう夜。
ホテルから迎えの車が来ていて、そこから車で1時間半くらい走って、ポートダグラスというところにあるシェラトンホテルへ。

子供たちをお風呂に入れてすぐに寝かせ、私と旦那はシャンパンで乾杯♪
ほとんどノープランだったので、ガイドブック片手に旅行の計画を練りました。
オーストラリア1日目3

そして翌日。
前の晩は遅くに寝たので、ゆっくりと起きてホテルの朝食をとり、その後目の前の海岸を散歩。
空と海の色が日本とは全然違う!なんて気持ちいいの~❤
オーストラリア1日目5
オーストラリア1日目4
オーストラリア1日目7
オーストラリア1日目8
オーストラリア1日目10
オーストらアリア1日目6

粘土質の砂なので歩きやすく、水は透明度が高くて少し冷たい。
蟹をつかまえたりしながら、ゆーっくりお散歩。
そしてそのまま歩いてポートダグラスの町へ。
ここ、私が今まで行ったことのある街の中でもかなり上位に入るくらい素敵な街でした!

老後、旦那が仕事を辞めて子供たちを無事に独り立ちをさせたあとは、夫婦二人で故郷をもたずに海外を転々として暮らそうと決めている私たち。思わず不動産情報もチェック。いつかこの町にも住めたらいいな。

散歩の後、一旦荷物を置き、その後は歩いてポートダグラスにあるワイルドライフハビタットという動物園へ。
ホテルから歩いて行ける距離でしたが、ホテルから動物園までの道が、すでにちょっとした動物園のようwww
大きな鳥の集団を追いかけたり、
キラキラと青く輝くオオルリアゲハも見ることが出来ました。
オーストラリア1日目13

ギャーギャーと、なんだかすごい動物の声がするな、と、上を見上げたら、木にものすごい沢山の蝙蝠がぶらさがっていました。
子供たちは蝙蝠を見たのが始めて!「血を吸われるー!」と興奮していました(笑)
オーストラリア1日目12

動物園は檻の中に動物が入っていたりなどはなく、ほぼ、放し飼いwww
子供たちははじめてのカンガルーの餌やりです。
でも、怖がってなかなか近づけない。
餌を持ってカンガルーに近づこうとすると、その餌を狙って大きなガチョウみたいな鳥が近づいてきて隙あらば餌の袋を突こうとするので、ビクビクと逃げ回る香慧。
でも、私と旦那と一緒にようやく餌をあげることが出来ました。
餌をあげることが出来て笑顔。「カンガルー、ちょっと臭いね」という感想でした(笑)
オーストラリア1日目14
オーストラリア1日目15
オーストラリア1日目16
オーストラリア1日目17
オーストラリア1日目18
オーストラリア1日目19

ホテルに戻った時にはすでに夕方だったけど、子供たちがどうしてもホテルのプールで泳ぎたいというのでプールへ。
海のようなプールで素敵❤
オーストラリア1日目20
オーストラリア1日目21

夕飯を食べた後、外に煙草を吸いに行った旦那様が、子供たちを呼びに戻ってきました。
星がものすごい綺麗だというので海へ。
すごかったです!満点の星空。天の川も見えました。

はじめてのことだらけで感動的でした。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

元気ママロゴ ピンク×白 234×60

秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/1382-f45701c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。