-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-02-25 18:41 | カテゴリ:日々のこと(日本)
長期出張に出かける旦那様のスーツケースに、こっそりとバレンタインのチョコレートを忍ばせました💛
我が家の夫婦円満は、いつも妻のマメな気遣いによって成り立っています(笑)
かわいいつまより

結婚して10年を迎えたけれど、だからこそ、こういう小さな胸キュン(笑)は大切だと思う。
相手を労わる気遣いというものを、子供は一番最初に親から学びます。
もちろん喧嘩をするときもあります。
でも、そういう時、例えば物に当たり散らしたり、相手の言い分を聞かずに一方的に怒りをぶつけたりしていると、子供はきっとお友達と喧嘩をする時も同じことをします。
夫婦喧嘩をした時、私はまず旦那に「話し合う」ことを求めます。旦那は怒ると黙ってしまうタイプだけど、私は相手に対して何に怒っているのか、どうしてほしいのかをまずきちんと言葉にすることを要求します。で、相手の話を聞いて自分も悪いところがあったら気を付ける努力をし、自分が譲れないところも伝えます。結婚して10年経つと、なんとなく、喧嘩するのもめんどくさいというか、気持ちを伝える前に諦めちゃうこともあるかもしれないけど、きちんと喧嘩をするということって、とても大切だと思う。

チョコに気づいた旦那様からはお礼の電話をいただきました💛

その時に、旦那様から「香凛からメールをもらったよ」と報告を受けました。
私は香凛がパパにメールを送っていることを知らなかったので「どんな内容のメールだった?」
とたずねると
「『パパ、算数オリンピックの教室はすごい楽しかったよ。難しくて全然わからなかったけど、でも楽しかった!勉強頑張るね。習わせてくれてありがとう!』って。うちの娘たちは純粋だね~」って。

我が家は旦那様が家に居ることが少ないので、子供たちにとっては「子育ては全部ママがしていて、ママだけが忙しい。」と、誤解されがち。だから、例えば子供たちに服を買ってあげたときは「パパにもあとでちゃんとお礼を言いなさいね。パパが働いてくれたお金で買ったんだから」とか、「ママがこうやってずっとあなたたちと一緒に居られるのは、パパがママの分も外で頑張って働いているからなのよ」と、ことあるごとに言うようにしています。実はこれは、私の母が私たちにやっていたこと。子供の頃、家族旅行に行った際は、必ず家に帰ってきたときに家族全員で「パパ、旅行に連れて行ってくれてありがとう」とお礼を言っていました。
私はずっとパパっ子でパパが大好きだったけど、そしてそれはもちろんパパ自身が素晴らしいパパだったってこともあるけれど、でも、母の力も大きいと思う。子供の前で父の悪口や愚痴を一切言ったことがなかった母。いつも「パパのおかげ」と口癖のように言っていた母。そういう母だったから、私たち子供もパパを心から尊敬出来たんだと思う。
だから、その教育は私も受け継ぎました。

今回、私が何も言わなくても香凛がパパに「習わせてくれてありがとう」とお礼のメールを送ったことは、私にとってとても嬉しいことでした。テストで100点を取るよりも、ずっと、自分の教育が実ったという実感を得ることが出来ました。

もちろん、旦那様の功績はもっと大きいです。
私がずっと大好きでいられるくらい、いつも家族のために頑張ってくれていますし、尊敬できる旦那様です。


ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村





秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/1450-488cfaa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。