-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-05-16 22:26 | カテゴリ:おでかけ(日本)
珍しくなんの予定も入っていない貴重な日。
こんな日は、家でまったり・・・するわけもなく、朝からお出かけ♪

ずーっと見たかった、カラバッジョ展へ!!上野の国立西洋美術館にウキウキと心弾ませていってまいりました。
開館時間に行ったため、まだ比較的空いていました。
からばじょ1
からばじょ2

全体的な感想としては、とても見ごたえのある展覧会でした。
私的には、法悦のマグダラノマリアが観れただけでも、行った甲斐がありました!!
正直、カラバッジョの作品に関して、それほど知識はないのですが、なんて男性を色っぽく描くんだろう!と。
作者は、もしかして男性愛好家?と思うほど、エロティックであり、真っ白な肌は「生身」の人間というよりも、どこか死を匂わせるような狂気と恐怖を感じました。

1枚1枚の絵をじっくりと鑑賞。
美術館の、空間が、やっぱり好きです。とても静かで非日常であり、自分と絵だけが同じ空間に存在しているような気分になれます。
美術館の外に出ても、しばらくその不思議な感覚から抜け出せずに、足元がフワフワしている感じ。
その日はとても良い天気だったので、そのまま何も考えずに上野公園のほうに向かって歩いていると、牡丹苑が。
牡丹は、とても好きな花の一つです。
牡丹を眺めて香りを楽しみながら、お散歩。
なんて、素敵な時間!!
からばじょ3
からばじょ4

「そうだ!せっかくだから若冲展も見たい!」と、向かいましたが、予想以上の混雑でチケット購入で75分待ち‥‥。
若冲は、ものすごく大好きな画家なので、もっと空いているときにゆっくり見たいと、この日の鑑賞は諦めました。
からばじょ5

さて、次は何をしようか?と考えて、これまた思い付きで、東京藝術大学へ行くことに。
父の出身大学であり、父はここで教えていたこともあるのに、私は行ったことがありませんでした。

中に入ると、中庭らしきところには、丸太や石がドーンと積み重なっていて、その一つ一つに学部と名前が書いてありました。
作品の材料なのでしょう。
からばじょ7
からばじょ8

奥では大きな機材で木材を削っている人や、大きな音を響かせながら石を削っている人が。
こんなにダイナミックに作品が作れる環境って、素敵!!いいな~。
学生に交じって、学食でお昼ごはんも。
安いわ~💛💛
からばじょ6

父が生きているときに、一緒に来たかったな。
なんで一度も父と来なかったんだろう。
と、後悔。

藝大の校内で開催されていたアフガニスタン特別企画展も見て、帰宅。
とても癒されて充実した一日でした。
こういう日があると、「また明日から子育ても家事も仕事も頑張ろう!」ってパワーが沸いてきます。
好きな事とか趣味とか、子育て中だからこそ大切にしたい。気持ちの余裕を持つことは、どんな時でも大切です。

「ママ、今日はなんだか楽しそうだね!」と子供たちにも言われました。
夕飯の時は、今日見たこと感じたことを話しながら。
「いいな~。私もカラバッジョ展見たかった」と言っていたから、会期中にまた行けたらいいな。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村






秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/1483-7ba47ece
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。