-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-28 22:01 | カテゴリ:一時帰国
先日は、家の倉庫部屋(?)の整理をしました。
父の昔の個展のカタログや、新聞記事などがいっぱい出てきて、母と「懐かしいね~パパ若いね~」など色々言いながら片付けました。
「パパはさ~、結局一生のうちで身内との死別を全く経験しないで坊主なのに誰も看取らず、面倒なこととかぜーんぶ放ったらかしで、家族やみんなに“ほんとうに素敵な人だったね。良い人だったね”って言われながら死んでいったね(笑)」と、母とちょっと文句を言いながら(笑)
こんなふうに、ちょっと笑って皮肉を言えるほどには私たちは元気になりました。

明日は月命日だけど
明日から私たちは姫路で開催される「澁澤卿 追悼遺作展」を見に行くため
今日、一日早くお墓詣りに行きました。
まだ
私は、「お墓にパパが眠っている」っていう実感がありません。「千の風になって」の歌詞じゃないけど、パパはお墓の中には居ない気がします。とは言っても、お詣りしながら泣いちゃったけど

お墓詣りの後に
写真屋さんに寄って
父の写真の現像をしました。姫路の個展に写真を持って一緒に行こうと思って。
父は、今まで取材などで色んなプロの方に写真を撮っていただいていましたが
私は、
秋山庄太郎先生が撮ってくださった父の写真が一番好きです。
秋山先生は紫綬褒章も受賞なさっているとても有名なカメラマンですが、本当に、素晴らしい写真です。
父のすべてが写真に表れています。
これがその写真です↓。現像された写真を私の携帯のカメラで写したものなので画像が荒いですが。
akiyama.jpg

明日は母と妹と子供たちと父の写真と一緒に
姫路に行ってきます。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/414-547e537e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。