-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-05 05:08 | カテゴリ:日々のこと(トルコ)
今度は洗濯機が壊れました…。
こっちに来てから買った、新品の洗濯機なのに、なぜか、洗濯途中で回転が中止。それだけならまだマシなのだけど、回転はしていないけれど、洗濯機の内部はまだ作動しているみたいで、作動スイッチをOFFにしても何をしても、ギュインギュインと音をたてている・・・。
主電源のボタンが見つからずに、一度ブレーカーを落としてみたり叩いてみたり(汗)色々したけど、ギュインギュインの音は止まらず。
結局、日曜日の夜の間中、作動し続けていました。

そして今日の朝、
洗濯機が無いと、洗濯物の多いこの季節はとても困るし、とにかく早くなんとかしなければ!
でも、やっぱり、どうにかするにも言葉の壁が…。
またまた辞書と格闘。
長文は書けないので
「洗濯機 壊れた とても困っている セキュリティサービスの人 呼んでください」
と、単語のみの会話でサルコナの事務所に助けを求めに行きました。

なんとか通じ、数分後にセキュリティサービスの人が到着。
でも、洗濯機を見ながら、何かを言っている。・・・が、わからない。
よくよく聴くと、どうやら「これは僕は直せないから修理する専門の人を呼んで修理してもらって」と、言っているようなので、とりあえず、英語とトルコ語で辞書を見ながら
「作動したままだと危ないので、電源を切る方法を知らないか」と聞いたら、電源だけ切ってくれました。

だけど、ここから先は完全にお手上げ状態。
専門業者といっても、どこに電話すればいいのか???

今日はたまたまトルコ語の家庭教師の先生がいらっしゃる日だったため、先生にご相談したら、
先生がメーカーに電話してくださいました。そして、30分後にはメーカーの修理の人が到着。
先生が状況を説明してくださり、「この洗濯機はまだ買ってから2週間くらいしかたっていないのだから、故障していたとしたら、タダで新しいのと交換してね」とまで交渉してくださり、「何か修理の途中でトラブルがあったら電話してね」と、授業の後に言い残して帰っていかれました。
本当に助かりました!先生テシェキュルエデリム(ありがとう)!

修理の結果、
洗濯機は無事に直りました。修理の人が言うには、どうやら内部に水が入ってしまったのが原因のようです。

でもね

そもそも、この洗濯機は不動産屋に頼んで、引っ越した時に新しいものを用意してもらったんだけど、引っ越して来たときは新品の洗濯機が家に届いてはいたのだけど、設置はされていなくて、不動産屋にお願いして設置してもらったの。
洗濯機置き場は、洗面所の下にあるのだけれど、その新品の洗濯機と、洗面下の高さのサイズが微妙に合わず。
で、どうするのかと見ていたら
なんと、洗濯機の上のプラスチックをバカッと取り外し、無理やり押し込んで、
終了!!えええええ~!?

これでいいの!?ほんとうに!?だって、中の機械部分とかが丸見えだけど、漏電とかしないの!?
聞きたいことは山ほどあったけど聞けず。
業者さんは笑顔で帰っていきました。ちなみに取り外した蓋部分はそのまま置きっぱなし(汗)
これ、どうすれば??捨てていいの??

中に水が入ったのが原因って、洗面台の下にきっりち収まっているから、水が入るはずないんだけど?
そもそも、上の蓋を外してしまったのがいけないのでは??
と、思ったけど、やっぱり聞けず。

今回も周りに助けてもらい、
そして不完全燃焼のまま、事件は解決しました。

ご迷惑をおかけしてしまった皆様ごめんなさい。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/51-24240d4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。