-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-05 04:04 | カテゴリ:育児(トルコ)
香凛の学校の発表会の翌日は、またまた学校の行事で、
「民族衣装を着てくる日」というのがありました。

ただでさえ朝は7時半にスクールバスが来るのでバタバタなのに、当日の朝は、さらにバタバタ
香凛は、七五三の時に着た、お被布を着ていきました。
MEF衣装7
MEF衣装1


インターナショナルスクールでは、こういった行事も多いです。
なので、お子様をインターに入学させようとお考えの際には、日本から、浴衣や着物を持ってきたほうが良いかもしれません。よく、空港とかで売っているお土産用のペラペラした生地の着物とかも重宝するかも。良い着物は、汚れるのが嫌だから、あまり学校に着せていかせたくありませんものね。
日の丸の国旗なども、持っているとなにかと使う機会は多そうです。

午後から、生徒たちが講堂に集まり、民族衣装の発表(?)があるというので、見に行きました。

自国の民族衣装を着た子供たち。
手には、自分の国の国旗を持っています。
香凛は、国旗をコレクションしているけれど、考えてみたら、日の丸は持っていなかった!(汗)なので、画用紙で手作りの国旗を作っていました。

皆可愛いな~❤
先生が、ステージで国の名前を叫ぶと、その国の子供たちが国旗を掲げて立ち上がります。
どの子供たちも、自分たちの国の旗と民族衣装を、誇らしげに披露していました。
MEF衣装2


先生が着ていらしたこのチョッキ、素敵(笑)
MEF衣装5

インターナショナルに通わせて、「良かったな」って思うことは色々あるけれど、
その一つに、「自分が日本人であることを意識出来ること」っていうのが挙げられます。
日本に住んでいたら、わざわざ自分が日本人であることを意識しないですよね。日の丸の国旗を誇らしく眺める機会も、それほどないと思います。
でも、色々な国の子供の中に混じって生活していると、自分が日本人であることを、常に認識しならが生活しているような気がします。「世界の中の日本という国」を意識し、その良さや、他の国との違いや、あるいは自国のダメなところも知り、改めて自分が日本人であることに誇りをもつことになるのです。

ステージで先生が「Japan!」と叫んだとき、
香凛を含む日本人の生徒たちが、日の丸を高々と掲げ、嬉しそうに立ち上がったのを見て、なんだか私も日本人であることが、嬉しくなりました。

それにしても、色々な民族衣装があるのですね。
どの国の衣装もとても素敵です!
こういう、他国の文化を肌で感じることが出来るのも、良いことだと思います。
MEF衣装5
MEF.jpg
MEF衣装2
MEF衣装3
MEF衣装4

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




秘密

トラックバックURL
→http://istanbul2011.blog55.fc2.com/tb.php/533-356c989d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。